の定められた休みの意図

国民の祝日というのは年間を通してたくさんありますが、ハッピーマンデー制度が導入されたことで連休が増え、途切れることのない休暇をとりやすくなりました。

そもそもハッピーマンデー制度というのは、月曜日を祝日に設定することで、多くの人が休みの日である土曜日、日曜日とつながることを狙ったもので、長い連休で余暇を楽しんでもらいたいという意図があるのです。

そして、日本にはこういった通常の連休だけでなく、大型連休と呼ばれるものもあります。その代表的なものといえば、4月の下旬から5月の上旬にかけての大型連休であるゴールデンウィークです。

うまく休みがとれれば、10連休になることもありますから、かなりの大型連休だと言えます。

なお、もう一つ秋にも大型連休というのは存在しますが、ゴールデンウィークのようにうまくはいかず、実際に該当したのは2009年と2015年のみです。

なお、体育の日、勤労感謝の日、この2つの祝日を移して文化の日とつなげることで、大型の連休を作るという構想もあり、実際に検討されたことがあります。

カテゴリー